Question

Looker 7.6 リリースノート

  • 19 April 2020
  • 0 replies
  • 51 views

Userlevel 4

リリース予定スケジュール


リリース開始日: 2020/4/19

リリース完了およびダウンロード可能: 2020/4/29

⚡ APAC地域は日本時間2020年 4月30日のリリースを予定しています⚡

⚡ リリース予定日は変更となる可能性があります。予めご了承ください⚡



リリース予定の変更など、リリースに関する重要な通知はLooker Technical Contacts 宛にメール配信されます。Lookerの管理画面よりTechnical Contactsの登録をお願い致します。

その他リリースに関する概要はこちらをご参照ください。



過去のリリースノート

レガシー機能の終了スケジュール


重要なお知らせ:

オリジナルのリリースノート(英語版)は標準のLooker documentationにて掲載されます。以下リンクよりご参照ください。

Looker 7.6 Release Highlights

Looker 7.6 Changelog


その他日本語のLookerドキュメントリスト


本スレッドへのコメントは公式には追跡されないことにご注意ください。ヘルプ・リクエストや障害報告については、新規トピックを追加いただくかLooker Help Centerからご連絡ください。



リリース・ハイライト




PDT (Persistent Derived Table) 管理ページの改善


管理パネルのPDTページの検索のしやすさ、ページの読み込み速度、モニタリングが向上します。



  • Lookerの管理者は管理パネルのPDTページでConnection毎にPDTを一覧したり、特定のPDTを検索できるようになります。

  • 管理者でないユーザーは、see_pdtsのパーミッションが付与されることで、データアクセス可能なモデルからPDTの情報を見ることができます。



LookMLのリファインメント


Project内の既存のViewおよびExploreのLookMLを基に構築できるLookMLリファインメント が導入されます。

例えば、以下のリファインメントの例だと既存の flights viewに air_carrier のディメンションを追加しています。



  • LookMLのリファインメントにより、ユーザーはProjectの既存のViewおよびExploreのLookMLを基に建て増しができるようになります。

  • LookMLのリファインメントは、以下のような場面に最適です

    • Looker Blocks (事前作成されたLookML) を使用するProject

    • 他のプロジェクトからファイルをインポートするProject

    • データベースのテーブルから頻繁にファイルを生成する必要があるProject

    • 各所でカスタマイズを行いながら、ModelやProject間でLookMLを共有するような場合(つまり、ハブアンドスポーク構成を取っている場合)




自動S3バックアップの終了 (Customer-hostedインスタンスのみ)


Customer-hosted (お客様自身でLookerをホストされている場合)のLookerインスタンスについては、自動でのS3バックアップが取られません。



Looker-hostedのLookerインスタンスについてはバックアップされます





  • こちらの内容を参考に、お客様自身にてバックアップいただくことを強く推奨いたします。

  • お客様のLookerコンテンツおよび設定が継続的に保存されるよう、日次でのバックアップ実行を推奨します。



アラート管理ページ


自身で設定したアラートを管理できるよう、アラート管理用のページが導入されます。




  • ユーザープロファイルのアラート管理ページ から、自身で設定したアラートの管理およびフォローしているアラートの一覧を見ることができます。


その他の追加機能




  • LookをEメールで送信する際、データ書式で Visualization (PNG)を選択したときに、高度なオプションとして Table Resolution (解像度) を選択できるようになります。ダッシュボードの場合は、コンテンツの書式がシングルカラムレイアウトに設定されている場合のみこのオプションが利用可能です。




  • Typescript SDKが新しいAuthトークンサービスワークフローをサポートします。




  • Slack (beta) インテグレーションを通して、ダッシュボード(ベータ)のコンテンツをSlack上に共有することができるようになります。




  • マーケットプレイスの Gauge (ゲージ) ヴィジュアライゼーションが改良されました。




  • マーケットプレイスで新しいBlocksが利用可能になりました:Braze, Salesforce Analytics, Square




  • 実験的Lab機能の Object Browser を有効化することで、これまでのようにファイルではなく、オブジェクトを介してLookMLモデルを参照できるようになります。







  • Bitbucketサーバーへの接続が7999以外のポートもサポートします。




  • Looker Admin (管理者) は、複数のLookerインスタンスをひとつのSlackワークスペースに接続することができるようになります。Slack上では、ユーザーがSlackからコンテンツ参照する際に接続するデフォルトのLookerインスタンスを指定できるようになります。




  • ボードがより柔軟に編集できるようになります。Edit権限を持つユーザーはセクションを跨いでコンテンツをドラッグ&ドロップできます。




  • 「最近表示したもの」がSlack Appのホーム画面で利用可能になります。




  • ダッシュボード(ベータ) について、タイルのタイトルがダッシュボードの編集画面から直接編集できるようになります。




  • ダッシュボード(ベータ) でもタイルを複製することができるようになります。




  • SnowflakeのPDTがLookMLパラメータ cluster_keys をサポートするようになります。このパラメータを設定すると、PDT CREATE TABLE 句の中に CLUSTER BY が含められます。




  • Apache Druid が SQL Explainの機能をサポートするようになります。




  • Microsoft Azure SQL Data Warehouse が Subtotalの機能をサポートするようになります。




  • MariaDB JDBC ドライバーがバージョン2.6.0にアップグレードしました。




  • BigQueryのクエリからContextコメントを除去しました。ContextコメントはBigQueryのキャッシュ機能を無効化し、キャッシュの性能にネガティブな影響を及ぼしていました。




  • BigQueryの接続がOAuthをサポートします。 注意: この機能を有効にすると、全ての per-user接続と同様に、cross-userキャッシュが無効になります。




  • MemSQLのDialectがsubtotalsをサポートし、データベース内でSQLを利用するようにPIVOTを切り替えます。




  • Apache Druid 0.13+ が利用可能になります。TIMEZONEを含むDialectをサポートしますが、Locationはサポートしません。また、以前のバージョンでのワークアラウンドであった不必要な CASE WHENも除去されます。




  • LookerのSQL句のフォーマット生成の仕方がいくつか改善されます。




その他の変更機能




  • Lookerの アカウントページからSlackに認証しているユーザーは、Lookerアカウントが接続されている旨がSlackで通知されます。




  • sort のサブパラメータが 以下の形式のsortsに置き換えられました。



    sorts: [field_1: asc | desc, field_2: asc | desc, …]






  • クラスター環境について、ログレベルの設定変更が、リクエストを処理するノードだけでなく、全てのノードに適用されるようになります。




  • LDAPの識別名 (DN) が4000文字までサポートするようになります。




その他のFIX



0 replies

Be the first to reply!

Reply