Question

Lookerでのページング

  • 13 December 2019
  • 0 replies
  • 81 views

Userlevel 2

レポートを作成するユースケースにおいて、5,000件を超えるレコードの表示が必要な場合があります。Lookerではブラウザーのパフォーマンスを確保するために行制限を設定するため、ページネーションを活用してこれらのスタイルのレポートを実現することが可能です。


Snowflake, BigQuery, Redshiftや SQL Serverを含む多くのデータベースは、ページングを行えるようにするためOFFSET機能をサポートしています。 各ページでの表示行数を特定しながら、表示するための不フィールドを選択することが可能です。以下にSnowflakeにおけるLookML構文を示します。


view: order_items {
derived_table: {
sql:
SELECT * FROM PUBLIC.ORDER_ITEMS
LIMIT {{ number_per_page._parameter_value }}
OFFSET {{ number_per_page._parameter_value | times: page._parameter_value | minus: number_per_page._parameter_value }} ;;
}

parameter: page {
type: number
}

parameter: number_per_page {
type: number
}

Filterを通じて、ページ番号とページ単位で表示する行数を設定することができます。



You might even embed this report for a customer and use your own custom buttons to allow users to page through a report using the dashboard:filters:update JavaScript eventを利用して、本レポートを埋め込み、ボタンによりページ遷移



0 replies

Be the first to reply!

Reply